MY craft house とんび我楽多堂  車輌工作日誌

バスコレ エアロエース中央高速バスセットA

 先に投稿した北鉄エアロスターに続いてバスコレ・エアロエース中央高速バスセットAの購入レポです。

 事業者限定セットで先行発売されましたが、ついに一般流通でもエアロエースセットが登場しました。
 中央高速バスの幹事会社である京王電鉄バスとアルピコ交通・信南交通・濃飛乗合・名鉄バスの5台入りで、どの事業者も私にとって馴染みがあります。
 最初に模型化された小田急箱根高速バスは初期のBKG規制車でサブエンジン仕様でしたが、今回は全て屋上にユニットが載る機関直結型エアコン仕様です。
 京王・アルピコ・信南がBKG規制車で、濃飛と名鉄がダイムラー設計のエンジンを搭載したLKG規制車です。屋上のエアコンユニットはデンソー製の4ファンタイプです。(最新型は2ファンだったかな?)

 ズラリと5台並べると下広井町状態です。
f0127364_0243716.jpg
f0127364_025521.jpg
f0127364_0264613.jpg
f0127364_0274560.jpg
f0127364_029194.jpg
どの事業者もお気に入りですが、やっぱり地元名鉄バスが気になります。
f0127364_030573.jpg
f0127364_0303493.jpg

京王電鉄バスは車間距離レーダー装備になっています。真ん中の丸いレーダー窓はパッド印刷表現ですが、片寄せされたナンバープレートは専用金型を奢って表現しています。最新型のQRG車のレーダー装備車のバンパーは形状が異なっていますが、今後別のセットなどで登場するのでしょうか?
f0127364_031986.jpg


 これは重箱の隅的なことですが、実車の前後ホイール間隔はBKGとLKG~で異なっています。ルーバーの形状は両者で金型を彫り分けていますが、BKG側のホイール間隔に合わせたようです。床パーツを見てみるとTOMYTEC 2009の刻印が彫られているのでMS8エアロバスのPJ規制車のものを流用していることに気がつきます。これまた細かいツッコミですが運転席のメーターパネル形状がMS8になっています。この辺は価格上昇を抑えるために行ったことでしょうから文句は抜きです。
f0127364_0312540.jpg

 ふそうのエアロエースはJバスのセレガ・ガーラと並ぶ日本の大型観光・高速用バスの代表格です。それゆえにこの2車種はワンオフ生産ではなく、全国バスコレクションシリーズのように定番商品として繰り返し再生産していただけると嬉しい限りです。中央高速バスセットの続編はもちろんのこと、JR高速バスセットなどの企画があってもいいでしょう。別の事業者に塗り替えして遊びたい人もいるでしょうから安定供給を望みたいところです。
[PR]
by mycraft-tonbi | 2013-12-23 01:07 | 模型全般
<< 透明スチロールパテ? バスコレ 北陸鉄道エアロスター購入 >>



鉄道・バス模型工作日誌
リンク 乗り換え案内
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧