MY craft house とんび我楽多堂  車輌工作日誌

廉価な塗装済み完成模型が手に入らなくなる日

 もうぼちぼちレイアウト製作を再開し4月あたりのプレオープンを目指すつもりでいましたが、昨日から急激に冷え込み今朝は大雪・・・・。情景工作をやるのに向かない天候です。また与太話を・・・・・。



 鉄道模型やトミーテックの鉄コレ・バスコレなど鉄道関連ホビー商品はここ数年の間にどんどん価格が上昇してきています。10年前と比較して2倍~3倍に値上がりしたケースもあります。

 もちろん鉄道模型やトミーテックのジオコレシリーズは販売を重ねるごとにプロポーションの改善やディティール表現の精密化とそれに伴う細かい作り分けが施されるようになり、製造品質も不完全といいつつも序々に向上させてきました。その対価としてみれば価格が上昇するのは当たり前の話ですが、デフレ景気の世の中であったにも関わらず早い値上がりペースだったなと私は思います。



 トミーテックの鉄コレやバスコレはシリーズ開始の10年前はひと箱300円代からスタートしたこともあり、ファンの間でコレクショングッズはひと箱数百円程度という相場認識が出来上がってしまいました。初期のバスコレの場合、バスのドア配置だけ作り分けしてありましたが、他はほとんど金型を共用化しています。それからバスコレはシリーズを重ねるごとに実車にかなり忠実なディティール表現を施し、ロゴや社名表記はもちろんのことバスカードや車椅子マークなどのかなり細かいマーキングももれなく印刷するのが当たり前になってきました。ですのでディティールやマーキングは実車どおり完璧に、塗装仕上げや組立などの製造品質も鉄道模型と同じ水準を求めながらも相場観はひと箱数百円代のままという認識を持つユーザーが多くなっているのです。

 

 よく匿名掲示板や個人のブログ等に「値段が上がったんだからもっと品質をあげてほしい」とか「細かい標記もきちんと再現してほしい」「実車と違うから直してほしい」というコメントをよく見かけます。私も素人では修正が難しい基本プロポーションのことは厳しく指摘しますが、よくよく考えてみたら商品の価格を数百円代のままに抑えて細かい作り分けや塗装などの製造品質は鉄道模型と同じレベルを求めるのは虫が良すぎる話ではないでしょうか。

 あともうひとつ自分が耳にして嫌だなと感じるのが、「○国製だから雑でいい加減」という言葉です。そういう言葉を聞くと言っている人に「あなたは自分自身の手でこの○国製以上に優れた模型ができるのですか?」と訊ねたくなります。

 自分で未塗装のキットを組立て塗装してみたら何時間かかるでしょう?鉄道車輌の塗装はまだマスキングテープで塗り分けできますが、バスのように複雑かつ細かいマーキングを施さないといけないものの場合、デカールやインレタ、ステッカーも自分で作成しなければなりません。一台仕上げるのに膨大な時間がかかり時給換算すると数万円から十数万円になるかと思います。

 我々日本人のユーザーは本来大きな手間やコストがかかる模型をわずか数百円という値段で買い叩いてきたのです。ものすごく強かった円で中国人の頬を叩き、塗装や印刷、組立に神経を使う模型を作らせてきたということを忘れてはなりません。これは白川日銀下での超円高やデフレ経済という異常極まりない経済状態を前提に成り立ってきたことです。



 安倍政権と黒田日銀による金融緩和で超円高から円安基調にシフトし、デフレ脱却へと舵を切りました。KATOのように国内生産にこだわってきたメーカーはともかくとして、海外の工場に商品の生産を委ねてきた他の鉄道模型メーカーやホビー商品メーカーはこれまでのように安い労働力を使って品質を保ちながら価格を抑え込むという経営や生産スタイルが成り立たなくなっていくでしょう。

 塗装済み完成模型製品は残念ながら今後もどんどん価格が上昇し、小中学生はもちろんのこと一般の勤労者にとっても非常に買いにくいものになっていくことかと思います。鉄道模型は模型に数十万とか数百万を湯水のように使える資産家などの有閑階級か、坂本衛氏のようにあり合わせの材料で何でも自分で作ってしまうような人でないと続けられなくなるのではないでしょうか。

 鉄コレもどんどんとTOMIXブランドの鉄道模型商品との差が無くなり、シリーズの存在意味が薄れていくことでしょう。バスコレも完全にシリーズが無くなることはないかも知れませんが、一部の人気車種や人気事業者のセットを定番商品化し再生産を繰り返すだけの状態になっていくかも知れません。これからも5年・10年と今までのように豊富な商品バリエーションを展開してくれるとは限らないのです。

 

 超円高とデフレ経済の下、我々日本の鉄道模型ユーザーは自分自身で工夫し自分自身の手でものを創り上げていくべきことをメーカーや海外の労働者に丸投げし、それを当然と思い込むようになってしまいました。円高とデフレに日本人は甘やかされ”メタボキリギリス”に成り果てたのです。

 円安とインフレに日本経済の潮目が変わったことで「お金さえ出せば何でも手に入る」「やってくれる」という考えが通用しなくなってきます。ほしいものがあったら自分たち自身で知恵を絞り技術を身に付けていかないと何も得られないという時代がいまそこに訪れつつある気がします。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2014-02-09 08:28 | 世情

CADで作成した図面の活用

 前回のCADで作図した模型図面の話の続きです。

 バスコレを採寸し2面CADであるJW-CADで基本寸法を押さえた図面を作成したあと、これを使ってデカールやインレタのマーキングデータを作成していきます。
 前に申し上げたようにこのCADドローイングデータは切り継ぎ改造のシュミレーションと塗装マーキング作業の効率化を狙っています。

 バスコレの場合、鉄道模型に比べ緻密な切り継ぎ改造が多くなり、さらには塗装ラインが複雑でマーキングの工数も膨大なものになります。最近ではバスカードや排ガス規制表示などの様々な表記類が増えていく一方です。

 そのため最近ではバスコレのデカールを自製するとなるとマーキングデータの作成に一台あたり何日・調査も含めると作業時間が何十時間もかかるのが当たり前になってきました。わずか0.1mmのズレも許さないデータです。
f0127364_15543793.jpg


 これからはドローイングソフトでマーキングデータを作成する前にCADで車体のアウトラインを作成しておき、それをドローイングソフトで読み込んでいくということをしていかないといけないでしょう。

 車体の切り継ぎ加工も同じです。
 CADであらかじめ部品のカットラインに合わせて切り出した型紙や治具を作成し、精密ノコギリを使って切断していくということをしていくことが求められます。最近では鉄道模型もそうですがモールド表現が緻密になり、改造工作はさらに高度な技術を要します。

 画像の車輌のマーキングデータ作成が終わったら中断していたレイアウト製作に戻り、一気に3月から4月の開通を目指します。このブログの本格再開はそれ以降です。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2014-02-05 15:54 | 塗装・デカール製作

CADの製図作業

 もう2月になりましたがレイアウトの製作作業をお休みしたまま、JW-CADを使ってバスコレのエアロスターやMS8エアロバス・エアロエースの模型図面を作成していました。
 公表していませんでしたが、同じくバスコレのリエッセやいすずエルガ・ノンステ、KATOのポンチョの模型図面も作ってあります。

 この模型図面はバスコレの切り継ぎ改造やマスキングシートカット、デカール等の原稿を作成するために使っていきます。ですので実車の寸法とは異なる箇所がかなりたくさんあります。

 本当はこういうドローイングデータをもっと早い時点で作っておくべきでしたが、一車種ごとに作成する時間や手間が多くかかるため、踏ん切りがつきませんでした。今後改造や塗り替えの機会が多いと思われる車種から順番に作図していくつもりです。

 自作もしくは切り継ぎ改造からマーキングまでのデータを一元化したり、今懇意にお付き合いのあるモデラー仲間同士で互いに作成データを交換し合うことによって、手返しや同じ仲間が同じような作業を重複してやってしまう無駄を省いていくことも狙っています。いろいろな問題があってまだデータを不特定多数の人に完全公開する決断はできていませんが、共用範囲を拡げていきたい気持ちはあります。

 過去自分のところに「デカールを作ってほしい」とか「作り方教えて~」とか「データがほしい」というメールやブログコメントがいくつも寄せられたことがあります。
 こうした要望に全部応えてしまおうとすると、自分はデカール製作以外に何もできない状態になってしまい、結果的に他の工作ができなくなってしまいます。
 模型のリペイントやマーキングの希望や需要はどんどん膨らみ大きくなっているのに、実際に製作できる作業能力が全く追いついていないのが実情です。困ったことですがそれを解決していくのはひとりあたりの作業の効率化と作り手を増やすこと以外にないと思います。

 このような下敷きデータを用意しておくことによって、時間のかかる切り継ぎ改造や塗装・マーキングを少しでも効率よく行っていきたいものです。

 あともう一車種分を作図してまたレイアウト製作に戻りますが、今度の3月発売予定の鉄コレ・NDCをベースにJR東海のキハ11を製作する予定があります。そのCAD設計図も作成するつもりです。

MP35エアロスター
f0127364_19184030.jpg
f0127364_191904.jpg

MS8 エアロバス
f0127364_19192650.jpg

MS9 エアロエース
f0127364_19231271.jpg

f0127364_19202630.jpg

[PR]
# by mycraft-tonbi | 2014-02-01 19:22 | 塗装・デカール製作

意味があるのかないのかわからない実験

 相変わらずレイアウト製作は冬季休工のままです。

 溶解樹脂パテに続き、エンボスパウダーを使った透明パーツ製作実験を行ったり、自作工具の製作検討を行ったりしています。

 ちょうど去年の今頃、ある人からエンボスパウダーを使った盛り上げインクのイラストつきグリーティングカードをもらいました。これを見て病院の塔屋や劇場(「まさご座」ならぬ「みさご座」)の看板文字ができないものかと思い、顔料インクプリンターで刷ってエンボスパウダーをのせるという実験を行いました。

 http://blogs.yahoo.co.jp/aindanet/32063028.html

 残念ながらこの実験は不調に終わりましたが、せっかく買ったエンボスパウダーを別用途に使えないかと実験しました。 シリコン型の中にエンボスパウダーを撒いて熱を与え溶かす実験です。

 昔バスコレ改造用に透明パーツを模ったシリコン型の中に透明のエンボスパウダーたっぷり盛ります。
f0127364_20325165.jpg
イメージ 1

 それからストーブの前に置きパウダーを溶かします。
f0127364_20333662.jpg

 *実験は火傷や火災に注意してください。

 ストーブに近づけてしばらく経つとパウダーがじわじわ溶けて透明な液状になっていきます。
f0127364_20344295.jpg


 脱型した後のパーツの写真を撮っていませんが、熱した樹脂が冷えて固まるときれいな透明パーツが出来上がっていました。

 しかし熱を加えたときに透明樹脂が若干黄変し薄いブロンズガラス風の仕上がりになります。(透明一体成型ボディだったGMのエアロクイーンキットみたいな色)

 これについてはまだいいのですが、出来た透明パーツが脆く割れやすいもので現在一個も残存パーツがありません。やはりあまり意味のない実験になりました。

 あと今回は石油ストーブでエンボスパウダーを溶解させましたが、先のグリーティングカードを作った人の話によれば暖房用のハロゲンヒーターでも溶かすことができます。また専用のエンボスヒーターを使った方がもっと楽に作業できたでしょう。

 透明パーツの複製については現在シンナー溶解樹脂を使って実験を行っています。

 こちらはどんな材質になるかまだ不明です。今見た感じですと若干透明度が落ちているような気がしないでもありません。



 次にやったのがクラフトロボのプランジャ分解です。
f0127364_20354392.jpg

 これはある記事を見てクラフトロボのプランジャを使って超小型電動ドリルを製作できないかと思ったためです。

  http://barrack-model.at.webry.info/201209/article_1.html

 牛久保孝一氏が監修しているα-modelブランドから発売されている「清吉ドリル」というものがあり、うちもピンバイスに代わるこの手の小型ドリルがほしくなったのですが、それに近いものを自製したというのが上の引用記事です。

 ドリルを支えるスタンドはハタガネなどを使えばできそうですが、ドリルプレスをどうするか考えたところクラフトロボのプランジャが似た構造になっていたことを思い出したのです。

 プランジャの上を見ますと軸にワッシャーというか留め金らしきものがついており、これを外したら回転刃が外せそうです。最初このワッシャーみたいなものが金属でかなり強くかしめてあるのかと覚悟しましたが、実は樹脂製で簡単に外れました。
f0127364_20381415.jpg


 分解したらやはり回転刃の軸にボールベアリングがついています。
f0127364_20384057.jpg


 真鍮パイプとかを使えば何とかドリルプレスができるかも知れませんが、実際の製作はまだ当面先です。



 現在タンスの肥やしとなっている鉄コレなどを精密化改造したいのですが、ヘッドライト・テールライトの穴あけや手すり・屋上配管取り付け作業を行うには清吉ドリルみたいなものがあった方が効率よく作業できるでしょう。

 自分としてはモーターの電源スイッチをドリルプレスの上に取り付けてシャープペンシルの芯出しやシャチハタスタンプを押す感じでドリルを動かすことができるようにできたら、ブレにくくなるかなあと考えているのですが・・・・。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2014-01-22 20:38 | 模型全般

溶解スチロールパテで複製ができるか?

 前回の透明溶解スチロールパテの続編です。
f0127364_1044469.jpg

 工作で余った透明プラ板の端材をラッカー系シンナーにぶち込み溶解させて仕込んだ特製パテのことを前回レポートしましたが、白い樹脂のプラキットランナーを割って同じようなことをしました。
 これをシリコン型の中に流し込んだら小物の複製品ができないかと考え、テストしました。


 結果は・・・・・脱型した複製物を見て
f0127364_10451683.jpg

 感動した!です。

 使ったシリコン型は数年前にバスコレ動力セットで製品化される前に自作した日野ブルーリボンシティのお頭と、同じくバスコレの2代目セレガをベースに製作したOEM車である2代目いすずガーラのお頭です。
 (BRCは製品ではなく自分で原型を作ったものをコピーしました。信じていただくしかない・・・・・。)

 シンナーで溶解させたスチロール樹脂を溶剤を揮発させながら数回に分けて流し込み、ひと晩経ってから脱型しました。(完全に溶剤が揮発してから脱型しないと東京ばな奈レジンキットみたいに反ったり収縮するなどの変形を起こす可能性アリ)
 ガーラのお頭は型の中に積もった埃が混入し表面が汚くなっていますが、ブルーリボンシティのお頭は極めてきれいです。ただブルーリボンシティの方向幕ガラスのHゴムに気泡が入りモールドが欠けてしまったのは残念なところ・・・・。それとひと晩置いた程度では溶剤が十分抜けないためか成型物が少々柔らかい印象があります。

 それでも以前やっていたプラリペアによる複製品に比べ、今回のテスト品が表面がツルツルで樹脂が適度な柔らかさを持ったものになったのは大きな前進といえましょう。これまで不燃ゴミとして処分していたキットのランナー線や改造工作で生じた端材などプラの廃材リサイクルにもなります。

 もちろん射出成型の市販プラキットとほぼ同一の複製物ができたといっても、型どりに使うシリコンや複製にかかる時間などを加味しますと複製コストは決して低いものではありません。パーツを複製してやれば市販品より安く自前でパーツを量産できないかなあ~なんて考えが出てきそうですが、アフターパーツが安定供給されている鉄道模型や元々が廉価傾向の鉄コレやバスコレのような商品の場合ですと、市販品をどんどん買って潰す方が結果的にローコストになるでしょう。(と言っておかないと刺客を送り込まれ消されてしまう・・・・・。)

 もう二度と入手が期待できないような製品のパーツや小物部品のスペア作成、自作パーツの複製には十分有益な複製手法になると期待できます。まだトラブルシューティングや技術の熟成が必要ですが・・・・・。
 それと当然のことながら車体の切り継ぎ改造工作の目止めにも使えますし、本来それがメインで試してみたことです。
f0127364_10463679.jpg

[PR]
# by mycraft-tonbi | 2014-01-16 10:47 | 複製手法

透明スチロールパテ?

 小ネタの工作ヒントです。

 プラスチック製キットなどの組立や切り継ぎを行うとき、出来てしまった隙間を埋めるためのパテが必要となってきます。模型用の隙間充填材の種類はものすごくたくさんあるのですが、できることであれば素材と同質の充填材を使いたいものです。

 昔のGMカタログにも書かれていたことですが、不要となったプラ材をラッカー系のシンナー(セメント接着剤)でドロドロに溶かしてパテにしてしまうやり方があります。それの透明タイプを仕込んでいます。

f0127364_18572238.jpg


 クレオスのスペアボトルにラッカー系塗料うすめ液を注ぎ、そこへ透明のスチロール系プラ板の端材を割って漬け込んでみました。
f0127364_18581339.jpg


 しばらくすると透明プラ板がラッカー系うすめ液によって侵食され溶解していきます。

f0127364_18584275.jpg

 漬け込んでから数時間経った様子を見るとまだ透明プラ板が完全溶解していませんが、それでもドロリとした透明の流動物が出来上がってきています。



 この透明パテを何に使うのかですが、今考えているのは透明パーツ同士の接合や隙間埋めの他、シリコン型に流し込んで小物の透明パーツを複製することです。

 これで鉄道模型やバスコレの窓ガラスパーツを複製するのは厳しいかと思われますが、カーコレの乗用車を緊急自動車に仕立てるためのサイレンぐらいながら何とかならないかと思っています。

 不透明でいいパーツについてはこれとは別にプラ材を溶解させたものをシリコン型内側に塗って乾かしてから脱型、クレオスの瞬間接着パテを中埋め充填材として盛って複製パーツを作ることを考えています。

 レイアウト開業後は鉄道車輌模型やバスコレの改造を再開したいと思っており、手始めに鉄コレのNDC改造やふそうの名古屋製作所G4あたりから行くつもりです。そこでプラリペアに代わる新材料による複製を試みる予定です。


 追加レポは後日・・・・・。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2014-01-13 19:03 | 模型全般

バスコレ エアロエース中央高速バスセットA

 先に投稿した北鉄エアロスターに続いてバスコレ・エアロエース中央高速バスセットAの購入レポです。

 事業者限定セットで先行発売されましたが、ついに一般流通でもエアロエースセットが登場しました。
 中央高速バスの幹事会社である京王電鉄バスとアルピコ交通・信南交通・濃飛乗合・名鉄バスの5台入りで、どの事業者も私にとって馴染みがあります。
 最初に模型化された小田急箱根高速バスは初期のBKG規制車でサブエンジン仕様でしたが、今回は全て屋上にユニットが載る機関直結型エアコン仕様です。
 京王・アルピコ・信南がBKG規制車で、濃飛と名鉄がダイムラー設計のエンジンを搭載したLKG規制車です。屋上のエアコンユニットはデンソー製の4ファンタイプです。(最新型は2ファンだったかな?)

 ズラリと5台並べると下広井町状態です。
f0127364_0243716.jpg
f0127364_025521.jpg
f0127364_0264613.jpg
f0127364_0274560.jpg
f0127364_029194.jpg
どの事業者もお気に入りですが、やっぱり地元名鉄バスが気になります。
f0127364_030573.jpg
f0127364_0303493.jpg

京王電鉄バスは車間距離レーダー装備になっています。真ん中の丸いレーダー窓はパッド印刷表現ですが、片寄せされたナンバープレートは専用金型を奢って表現しています。最新型のQRG車のレーダー装備車のバンパーは形状が異なっていますが、今後別のセットなどで登場するのでしょうか?
f0127364_031986.jpg


 これは重箱の隅的なことですが、実車の前後ホイール間隔はBKGとLKG~で異なっています。ルーバーの形状は両者で金型を彫り分けていますが、BKG側のホイール間隔に合わせたようです。床パーツを見てみるとTOMYTEC 2009の刻印が彫られているのでMS8エアロバスのPJ規制車のものを流用していることに気がつきます。これまた細かいツッコミですが運転席のメーターパネル形状がMS8になっています。この辺は価格上昇を抑えるために行ったことでしょうから文句は抜きです。
f0127364_0312540.jpg

 ふそうのエアロエースはJバスのセレガ・ガーラと並ぶ日本の大型観光・高速用バスの代表格です。それゆえにこの2車種はワンオフ生産ではなく、全国バスコレクションシリーズのように定番商品として繰り返し再生産していただけると嬉しい限りです。中央高速バスセットの続編はもちろんのこと、JR高速バスセットなどの企画があってもいいでしょう。別の事業者に塗り替えして遊びたい人もいるでしょうから安定供給を望みたいところです。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2013-12-23 01:07 | 模型全般

バスコレ 北陸鉄道エアロスター購入

 今回はお買い物レポです。私は基本的に工作レポとかかなり気になる世の中の動きや世間に広がってしまっているものの考え方の批判しか書いてこなかったのですが、今後は時折こういうレポも書いていきます。

 まずは購入から少し時間が経ちましたがトミーテック・全国バスコレクションの北陸鉄道エアロスターからです。画像中心で細かい薀蓄は抜きにしました。
f0127364_2349553.jpg
ブラックアウトされたライト周りがかっこいい。
f0127364_23493886.jpg
f0127364_2350258.jpg
f0127364_23503868.jpg

 各都道府県のバスを網羅しようというバスコレの新シリーズ「全国バスコレ」は実を言うと今回の北陸鉄道がはじめてです。地元の名古屋市営すらまだ買っていません。
 この車輌は新塗装となった実車をまだみたことがないのですが、北陸鉄道自体は元々好きな事業者であるため購入しました。
 価格が1000円オーバーになったとはいえ、かなり細かい表記までパッド印刷が施してあることや金型の使い分けも行われていることを考えればいい商品です。

 ただ不満というわけではないのですが、パッド印刷のインク膜が車体パネルの溝のところだけ浮いた感じになっています。ここをうっかり爪などで引っ掻いてしまうと塗膜が剥がれる可能性があるから扱いに注意する必要があるかなとは思いました。 
f0127364_23505717.jpg

[PR]
# by mycraft-tonbi | 2013-12-23 00:04 | 模型全般

本サイト記事の大幅整理削除

 このブログの親サイトですが、過去に書きました車輌工作記事を見直し、当方がもう既に活用していない工作手法を掲載し既に有益性を失ったと思われる記事については削除していきたいと思います。
 
 過去に製作した作品についても後にトミーテック様のバスコレシリーズなどで優れた量販製品として模型化されているものがほとんどになってきました。
 こうした作品も簡単な紹介に止め小記事にまとめ直したいと思います。

 レイアウト完成後に行うつもりの工作は以前ほどの重改造やフルスクラッチは原則的に行わず、塗装の塗り替えや比較的軽いドレスアップ等になるかと思います。
 本格的な重改造やフルスクラッチであえて作りたいものを挙げれば、三菱ふそうの初代エアロバスのリテイクやB8・B9系の製作、今後バスコレで製品化されるかも知れませんが富士重工のR13E等ぐらいになります。

 もうどうしても作りたいもの・ほしいものがほぼ出揃ってきたこともあって、これからはマイナーな工作が中心になりそうです。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2013-10-24 22:59 | 雑記

レイアウト建設佳境に

このブログを更新するのは数年ぶりです。
着工からおよそ5年半かかりましたが、レイアウト製作も大詰めです。  
ブログ活動はレイアウト製作記専用ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/aindanet)で続けてきましたが、開業後はこちらへまた戻る予定です。

f0127364_1434271.jpg


このブログは車輌工作記事専用ブログとして設置していますが、再開後はメインの車輌工作記事はもちろんのこと、レイアウト製作記事用ブログで書いてきた模型趣味やものづくり文化、そこからさらに飛躍し政治・社会・経済の話も展開していくつもりです。

今後の数ヶ月間でレイアウト製作記事専用ブログからこちらへの移行準備を進めていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

なおこのブログのコメント機能は本格再開まで停止させていただきます。
[PR]
# by mycraft-tonbi | 2013-10-23 14:11 | レイアウト建設記



鉄道・バス模型工作日誌
リンク 乗り換え案内
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧